終了まで残り です。

周りに左右されることなく、 自分感覚で生きたいあなたへ


自分感覚につながる仕事をするには?

まず、

自分の感覚につながる仕事の

定義付けから。

それは・・・自分がやりたくて、やっていることが、人の役に立つということです。

 

とても、当たり前に聞こえますね。

そのためには、大きく分けて2つのステップがある。

 

ステップ1】

自分の感覚を知る

 

ステップ2】

自分の感覚をビジネス化していく

まず、自分感覚を知ることから

やりたくて、やっていること

これがそもそも分からない

という方が多いけれど。

 

自分感覚

自分が良いと感じること

自分が楽しいと感じること

自分がやりたいと感じること

などなど

 

実は、これらを非常に感じにくい環境にいる感じにくい理由は、日々のブログやメルマガでもお伝えしていますので、ご確認を頂きたいのですが、

大事なのは感じにくい理由ではなく、

じゃあ、どうしたら自分感覚を知ることが出来るか?

もっと正確に言うと、どうすれば、取り戻すことが出来るか?

感じにくいということを、敏感に感じ取っている人もいるけれど、

じゃあ「何をどうしたらよいか?」分からなかったり、

「感じにくい」ということすら、感じなくなってしまっているかもしれない

 

いずれにせよ、

自分の感覚をまず、知ることなしには、自分の感覚に仕事をつなげていくことは

難しい。

 

ただ、問題なのは、自分の感覚を知る方法について、知らないということ。

 

こんな仕事がある

こんな稼ぎ方がある

 

ということは、容易に知ることが出来る世の中になった。

 

しかし、

自分の感覚を知る

ということについて、知らされることはほとんどない。

 

分かったような

分からないような

 

そんな中途半端なままで、なんとなく周りに流されつつ・・・

特に自分感覚など考えずに・・・

というのが、大半であるのが現実。

自分の感覚を、【外】に具現化していくこと。

自分の感覚を、【外】に具現化していくこと

 

というと、ちょっと難しく聞こえるかもしれないけれど、これは誰に教わることもなく、勝手にそうなるようになっている。

 

どういうことか?

 

というと、あなた自身が仕事に対してもっている感覚が、

今のあなたの仕事

これまでの仕事に反映されているといこと。

良くも悪くも。

現実は、内面の結果

ということを、よくお伝えしているけれど、まさに仕事も同様。

 

であれば、自分の感覚を知った上で、自分の感覚を【外】に具現化していく。

 

意図的に。

 

意図的にやるというのが、非常に大きいポイント。

 

多くの場合、

仕事を自分に合せてしまいがちだ。

 

自分感覚の仕事は、全く逆でまずは、自分感覚でそれに合わせて仕事を形作っていく。

 

そもそも、

 

自分感覚が分かりにくい環境にいるから、本来の自分感覚とは異なった感覚が

自分の感覚と勘違いしやすい状況でもある。

 

だからこそ、意識して自分の感覚を取り戻す必要がある。

 

自分感覚が土台であり、その土台があるからこそ、自分感覚にそった仕事を具現化

していくことが出来る。

ビジネス化のポイントとは?

ビジネス化というと、

○○で稼ぐ方法という、

【方法論】に目がいってしまいがちだけれど、

ここでいうビジネス化は、前に挙げた「自分感覚」が

まずは、大前提にある。

 

○○というビジネスをする

というのではなく、「自分感覚」をベースにビジネスを構築していく。

ビジネスをするには、色んなスキルや経験が必要に感じるかもしれないけれど、ビジネス特有の型があって、その型に沿って進めていくと、とてもスムーズにビジネス化できる。

型は、ビジネスに限らず様々なことに型があるけど、その型はなかなか分かりにくい。

 

外からは、みえないからだ。

 

でも、この型があるおかげで、

自分が何をして

自分が何をしないで

が明確になる

 

また、今どの位置にいてこれから何をしていけばいいか?も型のおかげで明確になる。

なぜ、自分感覚に沿ったビジネスがいいか?

なぜ、自分感覚に沿ったビジネスがいいか?

 

1 売り込むことなく、売れていくから

2 提供する側、提供される側、共に満足度が高いから

 

これからのビジネスのキーワードは、

共感

 

この機能はこうで、あぁでということでは、買ってもらうことは出来ない。

 

結局、なんか良い

感覚的なことが、実は買うか買わないか?の最終的な判断になる。

 

であれば、あなた自身も相手から、「なんか良い」と感じ取ってもらえることで、

ビジネス化が非常にスムーズに進めることが出来るようになる。

 

この

 

なんか良い

 

がまさに、自分感覚が共鳴しあったタイミングといえる。

この共鳴しあったタイミングを創出することで、売り込むことなく、売れていくビジネスを構築することが出来る。

 

人は

売り込むことも

売り込まれることも

 

好きではない。

 

自分感覚をベースにビジネスを構築すると、自分感覚に合った人たちと出会うことが出来る

そうすると、互いに幸福度、満足度が高くなる。

 

あなたも、これまで生きてきて、自分の感覚に合う人との出会った経験というのは、それほど何人もあるわけではないはず。

 

なぜかというと、

 

自分の感覚に対して、敏感でなかったから。

 

自分感覚をベースにして、ビジネスをすることに意識がいっていなかったから。

 

でも、今回の僕からのこの手紙を読むことで、自分感覚に沿ったビジネスがあるということを知ることが出来き、知ることが出来れば、自分感覚に沿った仕事を構築することが出来る。

と、ここまでお読みいただいて、

あなた自身も

自分感覚につながる仕事をしていきたいとお考えであれば、下記より個別相談にお申込みください。

*無料です

 

文字通り、

自分感覚

 

なので、個別具体的なことを

検討していく必要があるからです。

 

今回のお手紙が、あなた自身の感覚に合ったものであれば下記よりお知らせください。

 

自分感覚を知る方法

自分感覚をベースにしたビジネス構築の

 

についてお伝えします。

 

お話出来ることを、楽しみにしております。

自分感覚につながる仕事について、